お友だちフォト

この記事は約3分で読めます。

前回の投稿に書いたおばさまのチャレンジDXもスムーズに行き、高知旅を満喫してきました。ちょうど最終日が日曜日だったので『日曜朝市』も歩く事が出来ました。新鮮な果物や野菜が並んでいて近くなら毎週でも行きたいと思うほど。朝から芋天や焼き鳥をひと口づつつまみ、高知名産の『小夏』と出逢い美味しい記憶が今も鮮明です。

写真

写真が好きです。撮ることも見ることも。最近わかった事ですが、亡くなった父がカメラが好きだったらしいのです。生前整理アドバイザーの資格を取得する為に、幼い頃の自分のアルバムを整理している時に、母から「お父さんはカメラが好きで、独身の時に買ったカメラを大事にしていた」と言う話を初めて聞きました。私の赤ちゃんの頃は白黒写真で、アルバムも色褪せていましたが、あらためて見ると良い写真を撮る人だったなぁと感じました。私が写っている写真の中に映る母。父はこの写真は私を撮っているんじゃなくて、母を撮っていたのではないかしら?と思う様な写真もあって今は亡き若かかりし頃の父の想いを想像したりする数時間でした。一枚の写真が色んな気持ちを湧き起こしてくれる。私が写真好きなのは父の遺伝子なのだとわかりました。お酒が好きなのも…。

好きなものは公言しましょう

私が写真好きな事。父が撮った写真の事などを、今回一緒に旅した友人に話した事がありました。そして生前整理の事から遺影も特別な写真じゃなくて、普段の生活の中で見れる笑顔の写真なら良いねと言う話を。写真館で毎年撮ってもらうのも良いけど、カジュアルなものも良いねぇ〜。と、話していると彼女の実家が高知で写真館をされている!!今回の旅の途中にみんなで写真を撮ってみたら?と言うご提案。「写真が好き」そんな話からこんな展開になるんです。好きは公言した方が良いですよね!わたしの「好き」をキャッチしてくれる友人を持てた事も幸せです。

モデル気分で

総勢6人。様々な普段着で意気揚々と写真館に向かいました。素敵なスタジオに大きな照明を置いて下さっていて、昔乙女の私たちは益々気持ち上がる!当日は雨で、湿気と汗でモデルのコンディションは最悪でしたが、みんなでお化粧直しを手伝いながら内面の喜びから出てくる笑顔のパワーで楽しい撮影会になりました。カメラマンが上手にモデル達の気分をほぐして下さり、ポーズや並び方を色々変えながら100枚ほどの写真を撮って下さいました。すぐにデータにして下さいました。お気に入りの写真をダウンロードしてプリントアウトも自由。これが今時ですね。集合写真は皆んながベストとは限りません(笑)。データが送られて来たよと連絡してシェアしたら「私が一番可愛いのんどれ?」と言うチームリーダー。そうです!自分が一番可愛く素敵なものをB5でもA3でもプリントアウトすれば良いんです。

大切な時間

こうして楽しい旅は無事に終わり、楽しい撮影会が終わりました。みんな仕事も違う、状況も家族構成も違います。けれど、9年ぶりの人とでも、心の距離は離れていなかったと思える。会った時に大切な時間を共有出来たことが積み重さなり、また次に会う日を楽しみに出来る幸せが生まれます。みんなどの写真を残すのかもまた楽しいです。その一枚を見た時、旅の思い出や撮影の風景が心一杯に広がり幸せな気分になる事でしょう。『写真のチカラ』また数年後が楽しみです。

最後にご紹介

今回お世話になったのはフォトスタジオたけひらさん。フォトスタジオたけひらさんのInstagram予約要。高知の方。高知へ旅に出かけられる予定の方。是非行かれてみて下さい。広いスタジオ、モデル気分を味わってみて下さいね。

発酵ソムリエ 坂田真奈美

コメント