【レシピ】おひな祭りにすぐ作れる!サラダ風ちらし寿司とワインのマリアージュ!

この記事は約3分で読めます。

今日から3月。週末の日曜日はおひな祭りですね。春ももうそこまで。
今回は、春のお祝いや、大人のワインパーティーにも合う華やかで簡単なサラダ風ちらし寿司をご紹介します。


すし飯を作ったら、具をのせるだけ。材料もアレンジ可能でリピート間違いなしのお寿司です!

この記事にはアフィリエイト商品が含まれます。実際に私が使って良かった物だけをご紹介しています。

見た目も華やかサラダ風ちらし寿司の作り方

いつも愛用している調味料のリーフレットをヒントに作ってみたら、とっても簡単で美味しかったので、早速レシピをご紹介します♪

材料

雑穀ごはん 1合(白米に赤米や、お好みの雑穀を混ぜて炊き、ピンクのご飯を用意する)
 米酢 大さじ2
A砂糖 大さじ1
 塩  小さじ1/3 

 茹で小海老 6尾
 アボカド  1/2個
 クリームチーズ 50g
 ミニトマト 3個
 生ハム   4~6枚
 ベリーリーフ お好みで

 米酢 大さじ2
Bオリーブオイル 大さじ1
 醤油 小さじ1

作り方

①食べやすい大きさに具材を切る
②炊き立てのご飯に混ぜ合わせたAをかけてすし飯を作る
③②をお皿によそい、ベリーリーフを飾る
④混ぜ合わせたBに①の具材を加えて優しく絡ませる

作り方

①食べやすい大きさに具材を切る
②炊き立てのご飯に混ぜ合わせたAをかけてすし飯を作る
③②をお皿によそい、ベリーリーフを飾る
④混ぜ合わせたBに①の具材を加えて優しく絡ませる

サラダ風ちらし寿司の具材


⑤③の上に④の具材を盛り付ける

※今回は桃の節句に合わせて、赤米を入れて炊きましたが 白米でも同様に作れます

お寿司に合わせるワインならスパークリングがおすすめ!

お寿司や和食には日本酒が王道のマリアージュですが、案外ワインも合うのです。今回、合わせてみたのは、私が以前アンバサダー(6期アンバサダー)をさせて頂いていたフィラディスさんのBecause,wineシリーズからシャルドネのスパークリング フランス産泡ブラン・ド・ブランです。

優しい泡とバランスの良い酸味がお寿司の酸味と合います。ドレッシングのオリーブオイルがワインのアーモンドのフレーバーとも調和して同調のマリアージュが完成です♪

カジュアルなパーティーにもスパークリングワインがあれば、一気に華やかさを演出してくれますね♪

 桃の節句 3月3日

わが家は女の子がいなくて、お雛様にはご縁がありませんでしたが、長男の誕生日が3月3日。
ケーキのプレートを「お誕生おめでとう」に変えてもらって、お祝いした日々を思い出す日でもあります。

離れて暮らす今では、年に数回会うだけになりました。大人になった彼と、またこのお寿司とスパークリングワインで乾杯できいると良いなぁと思っています。
みなさんにとって、嬉しい、美味しいおひな祭りの3月3日であります様に。

発酵ソムリエ 坂田真奈美

コメント