発酵食品とワイン

この記事は約3分で読めます。

今年も仕込んだお味噌が出来上がりました。良い具合です!この辺りで発酵を止めたいです。冷蔵庫へ…。このまま置いておくと赤く、味濃くなっていきます。それも味わいがあって美味しいのですが、今くらいの発酵加減で置いておきたいです。二人分の一年間のお味噌ってどれくらいの量なのでしょうか。そこが問題です。暑さが半端ない近頃の日本。保存食品、発酵調味料の為に冷蔵庫が二つ必要となるとモヤモヤします。母に分けて、常温で少し保存して、好みの味加減で冷蔵保存。来年からは量を減らそう!!即席仕込みなら、ホットクックでも出来ます。『質と量』を検討しながら美味しいお味噌を味わいたいものです。暮らしはどんどん変化します。

アンバサダー

出逢いはいつもの大好きなお酒屋さんで♡とってもチャーミングなエチケットとリーズナブルなのに美味しい!お店の方に勧めて頂いて買ったのが最初でした。エチケットには産地と品種が書かれていて「自己紹介するワイン」飲んでも美味しい、見て楽しいワイン!!そんなワインBecause,wineのアンバサダーをさせて頂くことになりました。発信する事をもっと積極的にして行こうと思ったと同時のご縁。そして何より好きなワインでご縁を頂いた事がとても嬉しいです。何をするか!そう。飲む(笑)そして美味しいを伝える。楽しい楽しい3ヶ月になりそうです。フィラデイスというインポーターでかる会社が「ワインは知れば知るほど美味しい」と、たくさんの方がワインを楽しめる様に、リーズナブルな価格帯で美味しいワインのシリーズを提供されているのがBecause,wine!今なら更に手に取りやすい価格帯でLAWSONとタイアップのローソンビコーズが企画商品として販売されています。お高くのローソンで是非お試しください。

マリアージュ

ワインは好きですが、美味しい〜と楽しむだけの私。何の資格もございません。今回、ご縁を頂いてオンラインでワインの色々を少しづつ知ることが出来そうです。前回はマリアージュについて教えて頂きました。同調と中和。素人の私も、そしてめちゃくちゃワインに詳しい方も参加出来るオンラインでの会。ワイン片手にわくわくです。そして、発酵好きでワイン好き!合わせない手はございません。そもそもワインは葡萄を発酵させたもの。合わないはずがないんですね。

お味噌とワイン

丁度お味噌が出来上がってきたと同時にInstagramで知り合いになった方に美味しいソースを教えて頂きましたので早速トライ。私がInstagramで鯖のソテーを投稿したところ『こんなソースも合いますよ』と教えて下さったのが『味噌とワイン』のソースです。魚にも合うけどお肉にも!と仰ったので、豚肉で作ってみました。朝からBecause,wineの赤!カヴェルネ・ソーヴィニヨンを飲もうと決めていたので楽しみに夕食の支度を始めました。ワインとお味噌と蜂蜜。発酵バターを加えてソースを仕上げます。発酵された物同士が相乗効果で何とも言えないハーモニーが生まれます。確かにお肉にもお魚にも合いそうです。和食をワインに合わす時はこんな方法が使えますね!

今日のまとめ

楽しく飲んで、楽しく食べて。「美味しい」と声にすると、また周りから「美味しい」発見を頂きます。発酵とワインはまだまだたくさんの可能性が広がりそうです。

発酵ソムリエ 坂田真奈美

コメント