夕暮れとワイン

ワイン
この記事は約3分で読めます。

爽やかな朝も良い時間ですが、一日の終わりに夕暮れに綺麗な空が見れたら『今日は良い日だった』と思えます。

好きな時間

バスの中で夕陽が綺麗だと、家に荷物を置いたままカメラを持って坂道を降りることがあるほど。

自然が織りなす色のマジックが心のご褒美です。

好きなもの

それはワイン!
銘柄がとか、どこどこの、とか蘊蓄が語れるわけではない。ただ「好き」。

白、赤、スパークリング、シャンパン。
葡萄から魅惑的なワインを創り出した人に感謝!

最近は、roséにハマっていて、昨日もショップに寄って 探してみましたが 白や赤より少なくて値段と欲しいものの折り合いがつかず(一人で飲むには贅沢すぎました、、、)。

探していた南アフリカの白を買ってきました。冷蔵庫に冷やして来ましたので、感想はまた次回♡

小さな村にサーカスが

隣の村の道の駅に「サーカス」がやってきました。ピエロック一座。

操り人形と楽器を使ってパフォーマンスされる そんなサーカス。火の輪をくぐるライオン君も手作り。

村中の人が集まったのではないかと思うほどの賑わいで、子どもも大人も楽しむ時間でした。

好きなもの✖️好きなもの

夕暮れに、サーカスを観ながらワインを飲む。好きが重なるマジックアワー。
月の光も時間とともに輝きを増して、最高のワイン時間でした。

今回、以前から飲みたいと思っていたnomAmon Wineさんが出店されると聞いていたので、夕方からソワソワ♡

デラウェアで作るワインは想像していた柔らかな甘みとは全然違っていたのですが、初めて味わう美味しさ。檻のある美しい色合いに、軽やかな気分で飲み始めると、がっつり旨味!!また 買いに行こう♪

ご夫婦で作られるこのワイン。
なかなか手に入りそうじゃないんですが、小まめにオンラインショップを覗いてみようと思います。

道の駅の駅長さん

小さな村の道の駅。この村にご縁があって、近くで働いていた頃は、本当に小さな売店でした。
それはそれで可愛い「小さな小さな道の駅」

それからもう20年ほど経ち、今はお若い駅長さんが就任されて、色んな事を手がけられています。

ピザ窯が作られて、週末にはピザや石鹸やさん、燻製のお店など様々なお店が日替わりでオープンされて楽しい!

府外から移住されて来る方も増えている様で、この村でしか味わえない楽しみを作り出し、活気が生まれています。

サーカス中も、駐車場やサーカスの輪の外、色んな場所に駅長さんは立たれていて、静かに見つめていらっしゃる様子に心打たれました。

どんな小さなことでも、企画して成功させるまでには色んな苦労がありますね。
人の想いも行動も、予期せぬ出来事がある。

愉しむチカラ

楽しめる場所を提供して下さった方たちに感謝をして、いただいた時間を全力で楽しみたいと思います。

その場を精一杯、愉しむ事の出来る大人でいたい。
そんな大人の姿を見て、子どもたちも育っていくのではないでしょうか。

お金を払えば一人で楽しめることは、今の世の中たくさんあります。
頑張ってる人に感謝すること。「ありがとう」の気持ちを伝えるチカラ。

努力とは……頑張って、努めて得るものじゃなく 「愉しみ」の中から、人への思いを感じとれる世の中になると良いと思いました。

自分の息子たちが子どもだった頃には伝えられなかった、色んな思いを今さらながら感じることがあります。

どんな事も気づいた時から。遅くはないと信じたい。

発酵ソムリエ 坂田真奈美

コメント