楽しむ奈良②ハシゴ酒編

この記事は約4分で読めます。

楽しいハイキングから、あっと言う間に時間が過ぎました。気持ちわくわく新鮮なうちに記事にしようと思いながらも日々楽しい事はやってくるもので…。追いつかず…。

↓↓↓前回はてくてく歩く編を書きました。↓↓↓

楽しむ奈良~ハイキング編

今日はお酒編です。

乾杯のビール!

暑い日で、何度も途中で休憩して飲みたいと思ったのですが、ゴールはならまちと決めていたので、「もう近い!」と希望に胸を膨らませながら歩き、やっと到着したのがクラフトビールのお店。

なら麦酒ならまち醸造所さんに到着!

明るいお店に入り、椅子に腰かけると脱力!さぁ〜ビールだ!

アルコールはワインも日本酒も、ウイスキーも焼酎も何でも飲めるし、どれも好き!唯一苦手だと思っていたのがビールでした。乾杯の一杯くらいは頂きますが、2杯目をおかわりなんてしたことなかった。

なのに!乾杯に注文した「桃のヴァイツェン」がめちゃくちゃ美味しい!カラッカラの身体にしみわたる美味しさ。桃の香りとビールの微かな苦味とが合わさって、ビールがこんなに美味しいなんてと初めて感じました。フライドオニオンとの相性がとっても良かったです。本日の醍醐味は『ハシゴ』、ビールは乾杯だけにしようと思っていたのに、他の人が飲んでるのも美味しそうだし、おかわりされたので…「わ、た、し、も」笑。こちらのお店のオススメを2杯目に頂きました。これまた芳醇な香りと香ばしさ。良いお店に出逢いました。

次は日本酒

二軒目はならまち醸造所さんからすぐの今西清兵衛商店さんの春鹿飲み比べ

500円で飲み比べをして、お猪口まで頂けると言う贅沢な楽しみ方ができます!奈良漬も試食もありましたよ〜

少し値上げをされるとか、されないとか。気になる方は早めに行ってみて下さいね!

3軒目はまた少し歩いて…。

奈良のお酒の専門店

なら泉勇齋さん

大好きな三諸杉さんの露葉風

何とも言えないお米の甘みと、軽やかな旨味。奈良のお酒の美味しさが詰まっていました。

いつもは並ばずには入れないと言われているお店ですが、この日は3人でサッと入る事ができてラッキーでした。奈良の日本酒を立ち飲みで味わう。なんと贅沢な時間を過ごしているのか。この辺りで軽やかな酔いが回ってきて、気分も更に盛り上げてくれるのでした。ここでは葛城酒造さんの百楽門も頂いて2杯を満喫。

するとリーダーが路を一筋入り込む。

「入りましょう」

酒処 蔵 奈良市光明院町16

女性が一人お店の前で並んでいらっしゃいましたが、普段は行列らしいです。16時オープンを待ち、私たちも店先に並びました。待ってる間も楽しいんだなこれが。お酒以外で並ぶ事は全くしないですけれど(笑)

さぁ、「いらっしゃいませ」の声を聞いて席に着くと、お酒選び!

私の目の前はおでんブース。もう香りがたまりません。

一杯目、篠峯。当初私たちが行くはずだった葛城山の地下水を使って作られるこのお酒はお米とお水の美味しさをバランスよく感じるお酒です。

この日の仕上げのお酒。

北村酒造さんの善童鬼 純米吟醸

何杯も飲んで、味がちゃんとわかっていたのかどうかは疑問ですが、吟醸にしてはしっかりしていて、麹のニュアンスも感じられるボリューム感のあるお酒でした。締めにふさわしい大人の日本酒。

奈良のお酒は綺麗過ぎず、お米からできているんだと言う味わいを感じられて、私はとっても好きです。

11月には桜井の大神神社で振る舞われる樽酒も毎年の楽しみです。コロナ禍でここ数年は振る舞い酒は無く、ご祈祷だけになっているのが不謹慎ながら残念。今年はどうだろうかと、今から期待しています。

おわりに

ハイキング編とハシゴ酒編を書きました。ゆったりとした古い町並みや神社仏閣。若草山など歩くだけでも楽しいですし、私の様なお酒好きさんには歩きながら何杯も楽しめる素敵な奈良。これから季節が進み、紅葉の頃にはまた違う味わい方が出来る事でしょう。是非奈良の楽しさを味わってみて下さい。私もまた第二弾、ハシゴ酒の旅を楽しみたいと思います。

坂田真奈美

コメント