おばさまもDX!

この記事は約4分で読めます。

久しぶりに高知へ旅行に行って来ました。大阪から4人。高知で2人と合流して6人での賑やかな旅になりました。9年ぶりに会う人や、初めましての人。色んな構成で心だけ少女に戻る旅でした!
そう。心だけ・・・。何回も何回も「シンガポールで会ったのは何年前?」「だから、9年前、、、」
こんな会話が繰り返される。経年劣化は否めませんが心だけはあの日のまま。

おばさまは自由を好む

今回は初めての試み。同じホテルに5人。違うホテルに1人。私達が選んだホテルは大浴場があったので、お湯に浸かって疲れを癒すもよし。各自の部屋でシャワーで済ませるもよし。自由度が高く快適でした。ロビーに何時に集合!それでグループ活動が始まります。参加、不参加自由。大事な事は伝達と記憶!私達には必ずお土産で付いてくるハプニングが今回もありましたが、それさえ良い思い出となりました。”自由でいながら一緒も楽しめる”それが大人の醍醐味です。

スケジュール

今回の旅は地元に住んでいる友人が、スケジューリングしてくれました。行きと帰りの飛行機の時間とホテルを伝えたら、高知旅のしおりが出来上がりグループLINEに行程表のファイルが送られてきました。
準備する物、服装の選択がしやすく助かりました。ツアーガイドさん顔負けのご案内。旅の成功はゆっこちゃんにあったね!みんな一致で感謝感謝。LINEグループに送られた行程表を各自確認。旅先ではペーパーが良いなと、プリントアウトしてくれる人もいました♡第一次連絡手段はLINE。これは全員サクサク使えてクリア。良かった良かった。ここで誰かが使えないとスムーズには行かなかったかも。おばさまチーム良い感じ。

決済ツール

さてさて、これからお題のDXです!ネットバンキングは全員使える。はい。お利口さん(笑)
グループ旅行なら、以前はお財布係さん”にある程度のお金を渡しておいて、旅の終わりに精算。
誰が会計さんかまず決めなくてはなりませんでした。が!今回はお金のやり取りのツールをPayPayに!paypayを普段から使っていた人4人。でもお金を「送る」はしていなかった1人。アプリはダウンロードしていたけど、paypayで決済した事はなかった人が2人。
このチャンスに乗りましょう!使おうよ〜。チャージするカードや銀行を紐付けしてない。んー。とにかくやってみようよ!let’s try!
paypayに残高がない人にまずカード払いでも現金でも、全員分の支払いをしてもらいました。そしてみんなからpaypayで送ってもらう!一瞬でpaypayの残高が増える。そうするとその残高で、今度は送る人になれる!『面白い〜』。くるくると送る人、受け取る人と立場を変えて、状況により支払いをしていきました。電車を待つ間にランチ代をpaypayで支払い人へ送る。旅の終わりにはみんなサクサク使える様になっていました。ゆっくり考えたい、紐付けなどは慎重に!今回は残高増やして使う方法でトライしてもらい初めてのpaypay成功しました。

DXとは

デジタル技術を用いることで、生活やビジネスを変容していくこと!らしいです。まさしく旅のスタイルが変容しました。一人でやってみて躓いたら二度目へのトライがハードル高いおばさまの私たち。
仲間とわいわい言いながら飛んでみたら「あら、簡単」となるのでした。
履歴が残るのも利点。会計さん一人に旅の間負担がかかるの解消。
安全、簡単、使いやすければおばさんだって変化しますよ!

おまけ

年前。今回旅のご案内をしてくれたゆっこちゃんはpaypayで「送る」「支払う」が初めての人でした。
今まで生活に使用しなくても不便はなかったからですよね。でも、今回みんなの支払いがスムーズならと電車の中で登録を済ませて、直ぐに使ってくれました。計算が得意。段取り上手!シンガポールで初めて会った彼女に「案内・両替」全てを託したのが9年前。シンガポールドル、マレーシアのリンギット、そして日本円。為替の計算も素早くしてくれました。paypayを使わずともサクサク支払いのリーダーになってくれたと思いますが、私たちの提案に乗ってくれたのです。
するとなんと!!神様は人の為に尽くした人にはご褒美をくれる。最後の日、お支払いを横でしていたゆっこちゃん。景気の良い音楽が鳴りました!一等大当たり。その場のお会計分全額返金!
使い始めた人に当たる様なシステムだろうとは思いますが、私も嬉しい♪
DXオススメ隊長としましてはありがたいプレゼントでした(笑)
世の中は変わって行きます。今、世の中で起こる変化は一度は試して、精査して使うか使わないかを決めたいと思ってます。食べず嫌いにならない様に〜。

坂田 真奈美

コメント