ふたりのお正月

この記事は約3分で読めます。

新年明けましておめでとうございます。

今年も日々の暮しのメモを書いていきたいと思っています。お付き合い頂ければ嬉しいです。

再びのふたり

息子が2人おります。二男は転勤族で入社と同時に横浜へ。それから転勤を繰り返してずっとひとり暮らしで今は熊本。長男も転職、転勤で実家暮らし、ひとり暮らしと何度か出入りしておりましたので、わが家は4人から3人と。そして去年の秋に長男が独立して家を出たので、ふたり暮らしが再び始まりました。

ふたりのお正月

年末は毎年30日まで仕事をしているので、脱力の大晦日です。大掃除は夫が窓拭きや換気扇などをやってくれていましたので、私はキッチンをいつもよりも少し丁寧に掃除するくらいでした。

いつもなら、やっと脱力したのも束の間、再び気持ちを上げて『おせち』を作っていたのですが、今年は新年会を長男の家で開催と決まっていたので、夫婦二人が食べたいものだけちょこっと作る事にして楽ちんの年末年始を初めて過ごしてみました。作るのもホットクックと電磁調理器の保温機能を使って手軽に!

  • 黒豆
  • ローストビーフ
  • ホームベーカリーでお餅つき
  • にんにく麹
  • お雑煮

あとは大晦日に蟹鍋を頂き、紅白を観てお酒と粗塩を入れたお風呂に入ってスッキリ!

作るのは楽しくて、おせち作りも好きですが、二人だと食べるのに追われます。優先度は「その日食べたいものを食べる」を一番に。

初詣

元旦には奈良の三輪神社へ初詣に出かけて、感謝とご挨拶。

きっと今年も見守って下さり佳い一年になるはずです。ご挨拶をして「2023年、おめでとう!」の予祝

帰り道にはお決まりのコースがありまして・・・。

大好きな奈良のお酒 みむろ杉名菓みむろもなかを買います。甘辛両党。今年は初めてお善哉を食べて帰って来ました。桜茶を一緒に出して下さり、初春の良い時間を過ごしてきました。

お善哉と桜茶

三輪神社は1番好きな神社で、気持ちが良い。新年のご挨拶が出来て、大好きなお酒も買える (笑)私にとってのパワースポットです。

食材ぐるぐる

わが家のお雑煮は私のルーツ熊本風でおすましです。出汁にスルメを入れるのが実家流。今年はスルメを入れずに、大晦日の蟹スキの残りの出汁を濾して使ってみました。美味しかった〜。こうやってぐるぐる食材を無駄にせず使っていくのも楽しみです。今年は無駄なくが課題です。

新年会

毎年恒例の家族で新年会。お酒の準備は早々に準備完了。そして、準備していたローストビーフや食材も保冷バッグに入れて出発です!

車で30分ほどのスーパー ロピア ららぽーと堺店に大晦日に買い物に行って、食材を買っておきました。大型店で買い物をするのは苦手。それも大晦日。混雑は想像がつきます。今までならきっと行かないのですがふたり気ままな年末で心に余裕が。ちょっと覗いてみますかと、遠足気分で出かけました。お肉や数の子、お酒のおともを色々買うことが出来ました。

ローストビーフ

塩麹とにんにく麹、ブラックペッパーで下味をして一晩冷蔵庫においたものをオリーブオイルで表面を焼いてジッパー付きビニール袋に入れたらホットクックにお任せ!

出来上がったら、ビニール袋に入れて冷蔵庫に入れて出番を待つばかり。にんにく麹を薬味にして頂きます♡

お酒、食料持参で押しかけ新年会。私が育ち、幼い時期を彼も過ごした懐かしい場所でこれから暮らす息子。祖母にお年玉を用意してそっと渡す優しさ。私もおばあちゃんになったら優しくしてもらえるのでしょうか?(笑)おばあちゃん、来年も再来年も一緒に過ごせると良いね。みんなそれぞれに暮らし、それぞれのスタイルがありますが、時々元気に集まることが出来れば幸せです。

ふたりの暮らしの再スタート。健康で明るく・・・月並みですが、一番大切なことだと感じる歳になりました。今年も元気の素をお届けできる一年にしたいと思います。

おめでとう!2023年平安な一年でありますように。

坂田真奈美

コメント