持ち物もシンプルに

手作りコンパクト
この記事は約2分で読めます。

メーク道具

カバンの中のメーク道具はどんな風にされていますか?
とにかく荷物を軽くしたい!それが私の課題です。

兼用出来るものは兼用。買う時は出来るだけ「軽く」「小さく」を心がけて買っていますが、お化粧品はお洒落な物ほど「重い」

いつからかブランドの綺麗なコンパクトを毎年の買いたい気持ちがなくなりました。
マスク生活になって、お化粧直しも必要性が少なくなったせいか、アイテムも少なくなりました。

ファンデーション、チーク、アイシャドウ、リップクリーム、リップ、香水

以前は、こんな感じ。それぞれがケースに入っていますので、それぞれに重みが、、。

全部入りメークパレット

※美しい映像ではございませんが・・・。

無印良品アイパレット

それぞれ、ケースからバラして無印良品の名刺入れにセットしています。
これはミニマリストあやじまさんのアイデアを真似させて頂いて始めたこと!

お気に入りの化粧メーカーが以前は、チークやアイシャドウを単品で販売していたのですが、今は季節ごとのパレットにされている為、新しく購入先を見つける事と、ここに入るサイズを見つけるのにしばらく時間がかかりました。

蓋に鏡をつけて、必須アイテムはこの中に入りました。

サスティナブル

本当は軽くて、詰め替えが出来て、もっとお洒落なテンション上がるケースが欲しい
ブランドさんがそんなケースを作って下さる事を希望しています。

サスティナブル。
女性の「毎年、新しい」そんなワクワク感とサスティナブルを両方実現できる様な商品開発!

お化粧品は消耗品だからこそ、必要な考え方だと思うのです。
使い捨ての時代から継続の時代へ。素敵でお気に入りのアイテムを長く大事に使いたいです。

おまけ

チークはアルミのケースからドライバーで外しました。
角に中って少し削れてしまいました・・・。

アイシャドウ、ファンデーションはケースから簡単に外す事ができましたが、捨てる部分が多い事を改めて実感します。

詰め替えできるチークとアイシャドウ切望しております。

発酵ソムリエ 坂田真奈美

コメント